Articles

あなたが関係にいるときにいちゃつくの7ルール

デート自然に軽薄だ誰かが嫉妬と不安の感情をトリガすることがで しかし、いちゃつくことは、境界を定義し、描画するのは難しいことができるように主観的です。 あなたは笑顔といちゃつく見知らぬ人をほめることを検討していますか? またはいちゃつくことは通常接触し、友人、同僚、または知人に性的に暗示的であることを含むか。

一夫一婦制の関係の外でいちゃつく周りの境界は、他の人がそのようなもので完全に罰金かもしれないのに対し、いくつかは浮気として彼らのパートナーの優しさと魅力を見ることができるので、関係の人々によって議論され、決定される必要があります。 いちゃつくと、件名に通信の周りの基準を設定することは、キーです—あなたやあなたのパートナーが浮気である場合は特に。会話を開始するには、ここでは、排他的な関係にいるときにいちゃつくについて考えるについての専門家によって提案された七つのルールがあります。

触れたり褒めすぎたりしないでください

抱擁して、人々に素敵なことを言っても大丈夫です。 暖かく愛情を込めて行動することは人格特性であり、必ずしも軽薄であるとは限りません。 しかし、matchmakerと永続的な接続SameeraサリバンのCEOは、あなたがこれをやっている人に注意するように言います。 “あなたは彼らの物理的な属性や美しさにコメントし、異性と厄介な取得するとき、それは間違っています。 あまりにも厄介な-feelyとオーバーほめていることは船外に起こっています。 その細い線を歩いてみてください。”

あなたのいちゃつくの自己認識すること

あなたが軽薄な人なら、友人のためにあなたの浮気を予約するポイントを作ってみてください。 彼らはあなたが撮影している知っている場合でも、彼らはあなたが不正行為に興味を持っていると思い始めるかもしれません。 「すべての浮気は、相手に浮気を追求したり行動したりするように誘う暗示的な意味合いなしに、遊び心があり、楽しいものでなければなりません」と関係の専門家Margaux Cassutoは言います。

詳細: あなたの関係を台無しにすることができます9ボディランゲージミス

“噂や現実にかどうか、あなたも穏やかに惹かれたり、ロマンチックにリンクさ 信頼と無礼の間には細かい線があり、それが交差する前に描画する必要があります。 関係なく、あなたやあなたのパートナーが大きな浮気であるかどうかの,あなたの両方が最終的に関係が最も重要であることをお互いに表示する必要が

テキストや電子メールに注意してください

ラインは、技術になるとぼかす傾向があります。 遊び心のあるテキストは、特にあなたが実際にわずかな魅力を持っている人と、性的に解釈することができます。 「私たちはすべてのテキストと電子メールの同僚や知人ですが、テキストや電子メールを介してあまりにも示唆的または性的になり始めると、それはいちゃつく あなたがあなたのパートナーに見てほしくない電子メールかテキストを送るかどうかあなた自身に尋ねなさい。 あなたがしないなら、それはあなたが間違いなくそれをすべきではない兆候です。

あなたの懸念を声に出してください

あなたのパートナーが軽薄な人なら、あなたが何をしているのかを明確にして、快適に感じないでくださ Cassutoは、あなたがあなた自身の関係で不安を感じてしまうことをあなたのパートナーの行動についてとても寛容で過度に”クール”であってはならないと言いま だから、最初から明確であることを確認してください。 あなたが何かを言ってから戻って保持する場合は、あなたのパートナーは、あなたが問題を持っていないと思うし、それをやり続あなたが浮気していて、あなたのパートナーがそれについて何かを言うなら、それらに耳を傾けてください。

あなたのパートナーの気持ちを尊重してください。

あなたは寒さと孤高になる必要はありませんが、あなたは露骨な示唆や過度に友好的であることをダウントーンしたいことがあり、リサConcepcion、LoveQuestコーチングの関係の専門家と創設者を示唆しています。 “ボタンを押すだけで浮気することはありません”と彼女は言います。 “復讐のいちゃつくことは受動的で積極的であり、ドラマを開始します。 大人になり、あなたのパートナーと公然と問題を議論してください。”

関係を残す準備ができている

境界を設定し、あなたの懸念を表明してもうまくいかない場合は、あなたとあなたのパートナーが違っていちゃつく “多くの場合、浮気の人々は嫉妬や不安であることの怒ったパートナーを非難し、”コンセプシオン氏は述べています。 “あなたが見て、無礼を感じるものを好きではない場合は、関係を残すのに十分な自分自身を愛しています。 あなたは人を憎む必要はありません、あなたはちょうど別の標準とスタイルを持っています。”