Articles

天国(マタイの福音書)

このフレーズが最初に使用されたとき、それは明らかに終わりの時を参照して天国と終末論的であることを意図してい しかし、最後の審判が初期の教会の時代に起こらなかったとき、キリスト教の学者は、内の精神的な状態(ルカ17:21)、またははるかに遅れた終了時間(マタイ24:36)を参照してこの用語を理解するようになりました。 “神の国”というフレーズは、差し迫った出来事を意味する”手元に”や”近くにある”などの他のフレーズとリンクされているので、遅れた終了時間を信じる人には難しさがあります。 この課題に対して、オルブライトとマンは、より良い翻訳が王国が”急速に近づいていると述べていることを示唆している。”R.T.フランスは、このフレーズが”すでに始まっており、即時の行動を要求している状況”を参照するものとして読まれるべきであることを示唆している。”

新約聖書では、神の御座はいくつかの形で語られています: 神の玉座、ダビデの玉座、栄光の玉座、恵みの玉座と、より多くのような天国。 新約聖書は、天そのものを”神の玉座”としてユダヤ人の識別を続けていますが、また、神の玉座を”天に”と位置づけ、キリストのセッションのために神の右座に第二の従属席を持っています。