Articles

15.2:Common Pool Resource Theory

巨大会議の簡単な歴史が完成したので、気候と環境に関する議論の本質を議論することに進むことができます。 公共財の概念は、除外不可能でライバル的ではない財の元の定義から来ています。 他の誰かが消費することができるようにすることなく、誰もが任意の時点でアクセスできるものと考えてください。 公共財の最良の例は知識です; この場合、インターネット上で見つけた情報の例を使用することができます。 すべての知識は、一度解放され、公共の消費のためにオンラインに置かれ、消費において排除不可能であり、競争的ではありません。 特定のウェブサイトが禁止されている一部の国では、知識の伝達手段にアクセスできない場合を除き、誰もが知識を消費し、学習することを除外す あなたはまた、消費に非依存性を経験します。 空気は公共財のもう一つの例です。 通常の状況下で誰もあなたの肺に空気を呼吸からあなたを停止することはできませんし、空気を呼吸するという事実は、それを楽しむ機会を持って これは完全な公共財の定義であり、消費においては常にライバルではなく、アクセスにおいては除外できないものである。

共通プールリソース理論は、Garrett Hardin(1968)に由来し、自分のデバイスに任せた場合、私たちの消費に利用可能なすべてのリソースを使い果たすだろうと述べました。 あなたがエビの漁師だった場合を想像してみてください。 あなたの家族を支えるためにあなたの捕獲物を採取し、販売する必要がある。 あなたが釣る小さい集水域に10,000のエビがあると言おう。 しかし、あなたと同時に海には99人の他の漁師がいます。 誰もが協力し、利用可能なエビの合計の1/100だけを消費した場合、それぞれが販売する100エビを持っているでしょう。 いずれかの時点で任意の漁師が1/100以上をキャッチした場合、負の影響を受けた他の漁師があるでしょう。 ハーディンは同様のメタファーを使って、資源消費者が利己的に行動すれば、彼らは保存するはずの資源を使い果たすだろうという点を指摘した。 ハーディンはこれをコモンズの悲劇と呼んだ。 閉鎖された水域、土地の区画、森林の大規模な地域はすべて共通のプール資源です。 彼らは消費でrivalrousですが、除外できません。

私有財、共通財、クラブ財、公共財の四つの特定のカテゴリに商品を配置することによって、共通プール資源の理論を要約することができます。 この分類フレームワークには2つの次元があります。 最初の次元はexcludabilityです。 誰かが良いものにアクセスするのを防ぐことができれば、その良いものは除外できます。 第二の次元は、消費の競争です。 枯渇している商品は、消費に匹敵します。 私はリンゴを消費する場合、私はすでにそれを食べているので、あなたはその同じリンゴを消費することはできません。 食品、衣類、その他の材料オブジェクトなどの私物は、取引可能であるため、購入および取得することができます。 その結果、これらの商品は、消費(私が車を購入した場合、他の誰もその正確な同じ車を購入することはできません)と除外可能(あなたがそれを購入する

消費に対抗せず、除外できない財は公共財と呼ばれます。 これらは誰もが楽しむことができるものです。 それらを消費することは、他の誰かが同じ消費機会を持つ可能性を減らすものではありません。 空気は公共財です。 誰もが他の誰かがまた呼吸しているので、いくつかの点で、彼らは単に呼吸することができないことを心配することなく空気を呼吸することがで 最後に、共通財は、共通プール資源とも呼ばれ、除外できないが消費に匹敵する財である。 漁業の魚、森林の木、帯水層または湖の水。 これらの天然資源はすべて共通の商品であり、したがって共通のプール資源です。 共通のプール資源をとても興味深いものにするのは、Elinor Ostrom(1990)によって開発された理論は、人間が利己的であると考えられているにもかかわらず、希少性の条件 オストロムの仕事がそのような影響を与えた理由の一つは、資源ガバナンスに対する協力的アプローチの彼女の理論がハーディンのコモンズモデルの悲劇と矛盾していたためであった。 代わりに、彼らは(例えば)すべてのエビを釣りたいと思うように利己的であることの、Ostromは、漁師が集団の幸福のために自分の消費を減らすために共有 明らかに、これは比較的小規模な例です。 残されているのは、私たちのグローバル-コモンズを守るためにグローバルな協力を達成できるかどうかです。 これについて考える一つの方法は、以下で説明するように、グローバル公共財のレンズを通してです。