Articles

Homebrew経由でmacOSにApacheをインストールする方法

macOSの最新バージョンには、apache2.4がプリインストールされています。 しかし、Appleが最新のmacOSリリースから必要なスクリップの一部を削除したため、homebrewを介して管理するのは難しいです。 このチュートリアルでは、システムからデフォルトでインストールされているApacheを削除し、システムにHomebrewバージョンのApacheをインストールするのに役立ちます。

前提条件

このチュートリアルを使用してApache(HTTPD)サーバーのインストールを開始する前に、次の前提条件が必要です。

  • ターミナル:あなたは、Mac端末へのアクセスと端末アプリケーションでの作業について少し知識を持っている必要があります。 Aoお使いのMacシステムにログインし、ターミナルを開きます
  • Homebrew:Homebrewは、Macオペレーティングシステム用の一般的なパッケージマネージャです。 Nodeのようなほとんどのオープンソースソフトウェアをインストールするのに便利です。 Homebrewインストールチュートリアル

ステップ1–macOSにApacheをインストール

組み込みのApacheサーバー(もしあれば)をシステムから削除します。 ターミナルを開き、Apacheサーバーの実行を停止して削除するコマンドを実行します。次に、Homebrewが提供する新しいバージョンのApacheサーバーをインストールします。

brew install httpd

インストールプロセスが完了したら、httpdサービスをシステム起動時に自動起動するように設定します。Homebrew経由でApache webサーバーを正常にインストールし、特権アカウントで自動起動するように構成しました。あなたはそれを指すことによってブラウザであなたのサーバーに到達しようとすることができますhttp://localhost:8080、「それは動作します!”

ステップ2–Apacheの設定

Apache webサーバーは、macOSシステム上で実行されています。 ここでは、ローカルの開発環境に応じていくつかの設定変更を行います。 設定ファイル/usr/local/etc/httpd/httpd。confはインストーラによって生成され、テキストエディタで編集して以下の変更を加える必要があります。Homebrewのバージョンのhttpdはポート8080を使用します。 Listenポートをデフォルトの8080から標準ポート80に手動で変更する必要があります。

Find the line with Listen 8080and change it to Listen 80

ドキュメントルートを変更

ここで、Apacheのドキュメントルートを設定します。 デフォルトのドキュメントルートは”/usr/local/var/www”に設定されています。 ドキュメントルートを変更せずに、webサイトファイルをこのドキュメントルートに配置できます。 しかし、私はあなたがあなたのホームディレクトリに設定するためにドキュメントルートを変更したいと思います。

これを変更して、your_userがユーザーアカウントの名前であるユーザーディレクトリを指すようにします:また、DocumentRoot行のすぐ下に設定された<>タグを変更する必要があります。 これも新しいドキュメントルートを指すように変更する必要があります。

同じ<>ブロックでは、AllowOverrideオプショApacheのhtaccessファイル。

<Directory /Users/rahul/Sites> # # AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files. # It can be "All", "None", or any combination of the keywords: # AllowOverride FileInfo AuthConfig Limit # AllowOverride all </Directory>

書き換えモジュールを有効にする

また、次の行から先頭の#記号を削除してmod_rewriteモジュールを有効にする必要があります。 行を検索して更新します。 これにより、ApacheでURLの書き換えが可能になります。

 LoadModule rewrite_module lib/httpd/modules/mod_rewrite.so

セットアップユーザー&Apacheのグループ

Apacheドキュメントルートをホームディレクトリに設定しました。 デフォルトでは、Apacheはユーザーデーモンとグループデーモンとして実行されるため、権限の問題に直面します(おそらくusernameとgroupは_wwwにあります)。 個人用システムの場合、これらをユーザーアカウントと一致するように変更できます(user_nameを実際のユーザー名に置き換えます)。

 User user_name Group staff

ステップ3–Apacheでアプリケーションを設定

ホームディレクトリにSitesフォルダを作成し、サンプルインデックスを作成しましょう。テスト用のhtmlファイル。

mkdir ~/Sitesecho "Welcome" > ~/Sites/index.html

apacheを再起動して、設定の変更が有効になっていることを確認します。

sudo apachectl -k restart

ブラウザをhttp://localhostに向けると、新しく作成されたインデックスが表示されます。html。 すべて完了しました。ステップ4-Apacheサービスの管理

これで、Apacheサーバーがインストールされ、セットアップに応じて構成されました。 以下のコマンドは、Apacheサービスを停止、開始、および再起動するために使用されます

sudo apachectl stopsudo apachectl startsudo apachectl -k restart