Articles

SSHがタイムアウトしないようにする方法

コマンドラインで多くの時間を費やすと、比較的短い非アクティブ期間の後にセッションがタイムアウトする厄介な問題に遭遇する可能性があります。 これはセキュリティの観点からは望ましいことですが、長時間実行される操作を実行しようとすると問題が発生する可能性があります。 SSHがタイムアウトするのを一時的に防ぐ方法は次のとおりです。

通常、しばらくアイドル状態になったときにサーバーへの接続がリセットされ、通常はエラーが発生します:Connection reset by peer。 これを回避するには、クライアントまたはサーバーのいずれかでKeep Aliveオプションを設定する必要があります。

オプション1)サーバー側Keep Alive

この方法は、a)このアクションをrootとして実行する必要があり、B)あなたのものではなくすべてのクライアント接 このため、可能であればクライアント側のアプローチを使用するか、少なくとも作業が完了したらこのオプションをサーバーから削除することをお勧めし

サーバー上でSSH keep aliveオプションを設定するには:/etc/ssh/sshd_configでファイルを編集します。

  • 次の行をファイルに追加します。ClientAliveInterval60

  • ファイルを保存します。

  • サーバー上でsshdを再起動します。

  • option2)client side keep alive

    このメソッドは、サーバーへの接続に使用しているクライアントマシンで設定されます。 Linuxを使用している場合、この方法はサーバー側の手順に似ていますが、いくつかの小さな違いがあります。LinuxクライアントでSSH keep aliveオプションを設定するには

    :/etc/ssh/ssh_configでファイルを編集します。

  • ファイルに次の行を追加します。ServerAliveInterval60

  • ファイルを保存します。

  • WINDOWSでSSH keep aliveオプ

  • open putty

  • 左のメニューの接続カテゴリをクリックします

  • tcpキープアライブを有効にする(so_keepaliveオプション)

  • この物語は、”sshを防ぐ方法”タイムアウトから”は、もともとitworldによって出版されました。